JA,愛媛,農業協同組合,大洲,JA愛媛たいき,JA共済,農業,金融,加工,貯金ならJA愛媛たいきへ

大
中
小
文字サイズ:
  1. ホーム>
  2. 営農日記

営農日記

今年初の真夏日を記録>>熱中症対策を取りましょう!

5月21日(火)
愛媛県内は各地で気温が上がり
大洲市内も30℃を超える真夏日となりました。

気象台の長期予報によると
温暖化や太平洋高気圧の影響を受けて
今年の夏も暑さが厳しくなりそうです。

これから梅雨を迎えると湿度もあがるので
熱中症のリスクも高まります。

こまめな休憩、水分・塩分補給、冷房の活用など
熱中症対策を取りましょう!

そして、バランスの良い食事で
体の中から整えることも大切です。

JAタウンでは、JA愛媛たいき管内の農産物を
産地直送で全国発送中です。
ぜひ覗いてみてくださいね!

 

メロン>>出荷は6月中旬から!


JA愛媛たいき管内は
メロン🍈も栽培されています。
盆地特有の昼夜の温度差が
糖度の高いメロンを育てます。

4月中旬には小さな果実でしたが
5月中旬には、こんなに大きくなりました♪

収穫は6月中旬頃から。
大きくおいしくな~れ🍈

 

🍅ご応募ありがとうございました🥒>> モニター募集第3弾「トマト&キュウリ」

モニター募集第3弾「トマト&キュウリ」
5月19日(日)で応募終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました✨

当選者様には近日中に
InstagramのDMでご連絡いたします。
なお、当選者の発表は
商品の発送をもって代えさせていただきます。
ご了承ください。

次回のモニター募集も企画中です。
お楽しみに♪
引き続きJA愛媛たいきを応援くださいますよう
よろしくお願いいたします✨

 
 

エコラブトマト🍅出荷最盛期>>プレスリリース!

JA愛媛たいきオリジナルブランド
エコラブトマトの出荷が最盛期を迎えました。
5月17日には、生産者の武田さんのハウスを
各メディア様に取材いただきました。

手入れの行き届いたハウスには
色づきを待つ大玉のトマトが鈴なり。
主な品種は「りんか409」。
しっかりとした果肉は
甘みと酸味のバランスが絶妙です。
また、大洲盆地特有の寒暖差と相性がよく
トマトの旨みを引き出しています。

武田さんは
「上々の仕上がり。たくさんの方に食べてほしい」と
笑顔でPRしました。

🍅

JA愛媛たいきトマト部会では
盆地特有の寒暖差を生かし
28戸の生産者が約6.2haでトマトを栽培しています。
農薬・化学肥料を独自の基準で削減し
環境にも人にも優しい栽培方法(エコ)で
生産者の愛情(ラブ)をたっぷり注いで育てられています。



『JAタウンで全国発送中』
@jatown_mall
選果場からの直送なので鮮度抜群!
期間限定・数量限定です✨
写真最後のQRコードからどうぞ♪

+++
JA全農えひめ直販ショップ「愛たい菜・JA愛媛たいき」
+++

10年目!小学校総合学習をサポート>>大洲小学校✖愛媛たいき農協営農部

JA愛媛たいきは、食農教育の一環として
大洲市立大洲小学校5年生の
総合的な学習の時間をサポートしています。
テーマは「ふるさと大洲再発見!販売体験のススメ」

子どもたちが農産物を販売する体験を通じて
地域の食や農業、商売のノウハウやお金の大切さなどを
一年を通して学びます。

今年度一回目の授業では
みんなで大きな「木」を作りました。
夢や目標を叶えるために大切な「栄養」は
人と繋がることで運ばれてくるよ!というお話。

そして、ふるさと大洲で作られている農産物について
クイズをしながら考えました。

地域の目に見えるものすべてが、みんなの大洲。
自分の想いで「ふるさと大洲」を感じてほしい―

そんなメッセージも込めています。

10年目となる今年も、
JA職員や生産者、地元の企業様など
たくさんの方に関わっていただいて
子どもたちの学びの幅を広げていきます。

1年を通じて、子どもたちのアンテナがどこに向くのか
これからとっても楽しみ^^

JA愛媛たいきは、子どもたちの学びを全力で応援します✊

+++++
家の光協会 様
「ふれあいJA広場・ローカルホッとナビ」に
同サポートの記事を掲載いただきました。
 こちら をクリックするとお読みいただけます。
+++++

@ehimetaiki.ja ←その他の記事はインスタグラムをチェック

ページトップへ