JA,愛媛,農業協同組合,大洲,JA愛媛たいき,JA共済,農業,金融,加工,貯金ならJA愛媛たいきへ

大
中
小
文字サイズ:
  1. ホーム>
  2. 営農日記

営農日記

紅まどんな ラジオ登場!>>愛たい菜で試食販売!

海を見ながら向かった先は・・・

 

コチラ! たわわに実るのは、愛媛が誇る柑橘「紅まどんな」。

この日は、ラジオ収録に長浜町櫛生(くしゅう)へ。
紅まどんな生産者の松田さんのハウスにお邪魔しました。

「紅まどんなが生っているのを見るのは初めて!」
らくさぶろうさん、ひめさぶろうさんも感動のご様子♪

 

果皮が薄く、果肉が柔らかい柑橘なので
栽培はもちろん、収穫にも最新の注意が必要です。
そんな生産者の苦労が
こんなジューシーな紅まどんなに・・・(*´ω`*)

そのおいしさは、お二人の表情からも伝わってきます(^^♪

管内の紅まどんなもそろそろ終盤・・・ということで
今週末、12月15日(土)、16日(日)は
愛たい菜店頭で、紅まどんなと温州ミカンの試食販売を行います。

この機会にぜひご賞味くださいね~!
ご来店お待ちしております。

大洲市・観光いちご園➀>>徳田いちご園12/16開園

今年のイチゴには
いつも以上に想いをたくさん込めました。

大洲市内には、2つの観光いちご園があります。
そのひとつ、徳田いちご園(大洲市東若宮)
12月16日(日)にオープンします。

オープンを記念して12日、かわいいお客様を招待。
地元の保育園児がイチゴ狩りを楽しみました。

 

テレビや新聞の記者さんもたくさん来ていただきました。

手の中に収まらないくらい、大きく、赤く実ったイチゴに
子どもたちは大興奮!

元気な声がハウスに響きます。

 

「ボクがえらんだイチゴ、食べて!」
そんなおねだりに、徳田さんのこのサービス(笑)。

 

カメラマンや記者の方にも笑顔が広がります。

 

「今年は開園できんかもしれんと思ってましたから」

7月の西日本豪雨で、徳田さんの園地も大きな被害を受けました。
ハウスは120㎝ほど浸水し、取り壊した施設もあります。
「迫ってくる水から、とにかく避難するしかなかった。
苗のことが心配で心配で、涙が出ました」
そう徳田さんは当時を振り返ります。

開園に向けた復旧を決めたのは、水害から2週間後。

 

 

「お客さんの笑顔が見たいと思ったから。
やっとここまで、こぎつけました
みんなの笑顔が見られることが、僕らの元気になるんです」

支援いただいたたくさんの方への感謝の想いが
赤く、大きく、実っています。

 

徳田いちご園のオープンは12月16(日)。

ぜひご来場ください^^

≪お問合せ≫
徳田いちご園(℡ 090-4335-2925)
〒795-0065 愛媛県大洲市東若宮8-8
詳細は、お電話または、フェイスブックをご覧ください。

「夢レシピ」いただきます~!

おいしい記憶 愛ある給食いただきま~す!」

あいテレビの収録が11月上旬、平小学校で行われました(^^)

県内3校の小学生が「愛」あるブランド産品を使った給食メニュー「夢レシピ」を考案。

大洲市は県内有数の養豚産地。
愛あるブランド産品は「ふれ愛・媛ポーク」です(^^)

平小学校では「ふれ愛・媛ポーク」を使ったチーズとんかつを考案。

管内のトマトを使ったTSPも!

TSPの正体は是非番組で確認をお願いします(^^)

 

コーディネーターの中村和憲さんも子ども達の笑顔をみてにっこり微笑みます(^^)

お笑い芸人バンビーノさんが出演し、子ども達と一緒に給食をいただきます!

その後、たいき産直市「愛たい菜」にて被災地視察を行い、チーズとんかつをPR。

店長もガッツポーズで写真撮影(^^)

同番組は、えひめ愛フード振興機構企画、JAバンクえひめが協賛しています。

放送日:12月12日(水) 20:00~20:54

テレビ局:あいテレビ(愛媛ローカル)

※再放送・・・・12月29日(土) 12:00~12:54

 

エコラブハクサイ>>メディア取材

JA愛媛たいきでは
独自ブランド「エコラブハクサイ」の出荷が
最盛期を迎えています。

今日12月10日(月)は
たくさんのメディアが、出荷の様子を取材していただきました。

その様子は、本日夕方のTV、明日以降の新聞で報道されます。

ぜひご覧ください^^

【テレビ局】
あいテレビ
テレビ愛媛
南海放送
愛媛朝日テレビ
NHK
ケーブルネットワーク西瀬戸

【新聞】
愛媛新聞
読売新聞

農協マーク>>愛媛新聞「地軸」に掲載いただきました。

愛媛新聞1面に毎日掲載される「地軸」。
12月4日付は「農協マーク
愛媛たいき農協について、書いていただきました。

懐かしさ、新しさ・・・
ご覧になる年齢によって
その両面を持ち合わせるのが
このマークの特徴です。

愛媛たいき農協では、農協の原点を見つめ直そう!と
この農協マークを使用しております。

助け愛、支え愛、救い愛・・・
そして協同の心が、地域農業復旧の輪へと繋がるよう、想いを込めて・・・。

ちなみに!
このマーク入りのポロシャツ、バッグを愛たい菜で販売しております。
愛たい菜店内奥のサービスカウンターへお声掛けください^^

 

 

ページトップへ